仁愛会 トップ > 取り組み > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第6回)

1.計画期間: 平成29年4月1日~平成31年3月31日

2.内容

  • 目標1: 年次有給休暇の取得日数を、一人当たり平均消化率80%以上とする
  • <対策>
  • ・平成29年4月~前年度の年休取得率の把握
  • ・平成29年5月~年休取得促進のキャンペーンの実施
  • 目標2:計画期間内に育児休業の取得率を次の水準以上にする
  •     男性社員・・・計画期間内に三人以上取得すること
  •     女性社員・・・取得率を95%以上にする
  • <対策>
  • ・平成29年4月~男性も育児休業を取得できることを周知するための啓蒙活動を行う

平成29年3月28日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第5回)

1.計画期間: 平成27年4月1日~平成29年3月31日

2.内容

  • 目標1:超勤削減計画(平成26年度比較5%減)
  • (対策)
  • ・平成27年4月~超勤時間を明確にし、衛生委員会等で超勤削減について審議する。
  • ・平成27年10月~各部署長との面談を実施し、問題点を抽出
  • ・平成27年12月~抽出された問題点に対する改善策を提案し実行
  • 目標2:計画期間内に育児休業の取得率を次の水準以上にする。
  • 男性社員・・・計画期間内に三人以上取得すること
  • 女性社員・・・取得率を95%以上にする
  • (対策)
  • ・平成27年4月~男性も育児休業を取得できることを周知するため、新入職オリエンテーション等において
    啓蒙活動を行う。
  • ・平成27年4月~出生に関わる手続き時における社員への広報

平成27年3月28日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第4回)

1.計画期間: 平成25年4月1日~平成27年3月31日

2.内容

  • 目標1: 院内保育所定員の増員
  • (対策)平成24年度末現在定員32人を平成25年度中に60人へ増員。
  • 目標2:ワークライフバランス活動の継続と評価
  • 目標3:「心の健康づくり3カ年計画」の継続と評価
    すべての職員が心身ともに健康で “働きやすく活気のある職場づくり”を推進する
  • (対策)
    ①産業医・産業保健師・臨床心理士の活動強化
    ②セルフマネジメントができるようにする
    ③職員のメンタル疾患に対する理解を深める

平成25年4月1日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第3回)

1.計画期間: 平成23年4月1日~平成25年3月31日

2.内容

  • 目標1: 院内保育所定員の増員及び増設
  • (対策)平成22年度末現在定員16人を平成23年度中に32人へ増員。
    それに伴い、既存の保育所隣への増設。
  • 目標2:「心の健康づくり3ヵ年計画」
    ・全ての職員が心身ともに健康で"働きやすく活気のある職場づくり"を推進する
    ・ワークライフバランスが確立できるよう貢献する。
    (対策)
    ①産業医・産業保健師・臨床心理士の配置
    ②パンフレットの作成
    ③講師を招いての講演会

平成23年4月1日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第2回)

1.計画期間: 平成21年4月1日~平成23年3月31日

2.内容

  • 目標1: 短時間正職員制度の導入の促進
  • (対策)平成21年4月より短時間正職員制度導入
  • 目標2:ノー残業デーの導入
    (対策)毎週金曜日をノー残業デーと定める

平成21年4月1日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

社会医療法人仁愛会 一般事業主行動計画(第1回)

1.計画期間: 平成19年4月1日~平成21年3月31日

2.内容

  • 目標1:育児休業をしている労働者の職業能力の開発及び向上のための情報提供
  • 目標2:小学校就学前の子どもを育てる労働者が利用できる事業所内託児施設の設置及び運営
    (対策)平成20年12月事業所内託児施設
  • 目標3:子どもが保護者である労働者の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」の実施
  • 目標4:病児保育所の設置及び運営
    (対策)平成19年10月小児デイケア開設

平成19年4月1日
社会医療法人仁愛会 理事長 宮城敏夫

▲TOPに戻る