浦添総合病院 トップ > 病院案内 > 取り組み > チーム医療 - 緩和ケアチーム

チーム医療

緩和ケアチーム

緩和ケアセンター長 新里誠一郎

■緩和ケアの定義(WHOの定義)■  生命を脅かす疾患に起因した諸問題に直面している患者と家族のクオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチ。痛み、その他の身体的、心理的、スピリッチュアルな諸問題の早期かつ確実な診断、早期治療によって苦しみの予防と苦しみからの開放を実現する。

仁愛会 浦添総合病院で緩和ケアを取り組んでいます。
 癌の患者さんと癌による死亡者が増えていますので、癌の診断と治療を行なう病院では緩和ケアを提供することが大切です。
  • ○緩和ケアは癌の治療時期より切れ目なく行ないます。
  • 〇癌の患者さんと家族の身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、スピリッチュアルペインを緩和します。
  • 〇急性期病院の主治医と看護師を支援して、入院と外来と自宅で、より良い緩和ケアが受けられるようにします。

緩和ケアチームの役割

緩和ケアチームはなぜ必要か

緩和ケアは癌の治療期より、切れ目なく必要です
身体的、精神的、社会的苦痛、スピリチュアルペインを持っている患者と家族を支える
急性期病院の主治医・癌治療医と看護師を支援する
団塊の世代の高齢化により癌の患者は増加する

緩和ケアチームは何をしているか

急性期病棟での紹介患者の診療
緩和ケア外来での診療 
在宅緩和ケアの実施
緩和ケアカンファレンスと緩和ケアチーム回診を毎週開催

緩和ケアチームの構成

医師3人、緩和ケア認定看護師1人、病棟看護師2人、薬剤師2人、管理栄養士1人、
歯科衛生士1人、社会福祉士1人、理学療法士又は作業療法士1人

入院患者様へのアプローチ

癌の治療を行なっている主治医からの紹介を受け、患者さんと家族に面接をします。患者さんと家族の苦痛を軽減するために主治医・病棟看護師・スタッフと協力して活動します。

緩和ケア外来

毎週木曜日の午後

※患者さんと家族の来院時間に合わせて曜日と時間は調整できます。
※主治医の外来日や化学療法の日に合わせて緩和ケアを受診することもできます。
緩和ケア外来では以下の事にとりくんでいます。
  • ○外来で癌の治療を行なっている患者さんと家族に緩和ケアの立場から対処します。
  • ○外来診察室や化学療法室でお話を聴いています。
  • ○患者さんと家族の話を、ゆっくりお伺いしています。
  • ○症状の軽減方法を相談することが主ですが、様々な不安な気持ち(他の治療法はないのか・自分はどうして癌になったのか・癌が進行してどうしようもなくなるのでは)もお伺いしています。
※ペインクリニックは行っておりません。

在宅緩和ケア

癌の患者さんで自宅療養を希望される方には、訪問診療と往診をします。
最後まで自宅で療養したい方や、ある時期に自宅療養をしたい方など相談できます。
訪問看護ステーションや在宅ヘルパーステーションと協力して、緩和ケアを自宅で行なうことができます。入院して行なう緩和ケアのほとんどが自宅で可能です。
浦添総合病院から車で片道30分くらいまでの距離の方が対象です。

緩和ケアの話を聞いてみたい患者さん・家族の方

  • 治療してもらっている医師か看護師に緩和ケアを受けたいことを話し、紹介状を書いてもらい受診するのが最もスムーズです。
    外来予約(フリーダイアル0120-979-706)
  • 主治医に相談しにくい患者さん・家族は下記に直接連絡する。
    がん相談支援室(直通電話098-879-0630):
    平日  9時~18時
    土曜日 9時~13時

▲TOPに戻る