浦添総合病院 トップ > 病院案内 > 取り組み > ドクターカー事業

ドクターカー事業

ドクターカーとは

ドクターカーとは、緊急薬剤や医療機器を搭載し、消防からの要請で医師や看護師が救急現場へ出動する緊急自動車およびそのシステムのことです。
医師が現場から治療を開始することで、救命率の向上や後遺症の軽減を目的としています。

ドクターカー写真

ナンバープレートは公募で「11-99(いい救急)」に決定!

ドクターカー制服

運行概要

H24年4月2日より運行を開始。
当面は浦添消防本部、宜野湾消防本部管内で運行を開始する。
「ドッキング方式」を基本とする。予め決められたランデブーポイントか消防より指定のあった住所まで向かいドッキングする。
原則として1年365日9時から17時までとする(H25年6月より)。
上記以外の出動要請については救命救急センター内スタッフ医師が状況を判断し、出動の可否を決定する。
(運用時間については今後体制が整い次第、拡張していく予定。)
現場では各消防本部との協定書、実施要綱に沿って活動する。