浦添総合病院 トップ > 医療関係者の方へ > 部門紹介 > 医療の質-感染防止対策室

感染防止対策室

感染防止対策室の紹介

感染防止対策室とは

感染防止対策室は浦添総合病院における感染予防、感染症の制御に係る管理を行っており、2012年4月に「安全管理室」より独立し設置されました。

感染防止対策室には、患者さんに安全で安心した医療を提供する為の支援を行うため、感染管理に関する認定資格を有する医師(兼任)と看護師(専従)が所属しており、2003年に設置されたICT(INFECTION CONTOROL TEAM)と連携して院内感染対策の推進に努めています。また、関連する職員の活動を支援・統括する部門として機能します。

概要・運営方針

近年、多剤耐性菌や医療関連感染によるアウトブレイクなど医療業務における院内感染対策の重要性が強く再考されています。患者さんや医療従事者及び浦添総合病院を利用されるすべての方々の安全と安心を第一優先と考え、院内感染対策委員会やICT、看護・コメディカル院内感染対策委員会を中心とした各組織・部門スタッフと連携を図り院内感染対策活動を実施・支援しています。

また、平成24 年度からは連携する近隣医療施設と「院内感染予防に関する合同カンファレンス」を開催し、地域における感染対策の質向上を目指した取り組みを行っています。

▲TOPに戻る