浦添総合病院 トップ > 医療関係者の方へ > 部門紹介 > コメディカル部門 - MRI室

MRI室

MRI室

最新型1.5TMRI装置を導入
従来の既存機もバージョンアップし、2基体制になりました。

  • 最新型1.5TMRI導入!!
  • 既存機バージョンアップ
当病院は平成27年6月より、最新型のGE Healthcare Optima MR450W 1.5TMRIを導入。従来の既存機のバージョンを11.0→23.0へ更新。MRI機2基体制となったことで、検査予約待ちを大きく解消し、予約待ち患者ゼロを目指します

▲TOPに戻る

最新装置の特徴

  • 最新装置(GE Healthcare Optima MR450W 1.5TMRI)は患者様に優しい。

    サイレントモード(消音モード)
     MRI検査で、大きな音が苦手という方も多いと思います。この装置では、サイレントモード(消音モード)があり、静かな環境で検査を受けることができます。
    開口径(筒の部分)が10cm広く
     従来機より、患者様が入る筒の直径が10cm広くなりました。これにより、体格の大きな方の検査も可能となり、また、狭い空間が苦手な方でも圧迫感が軽減され、比較的安心した環境で検査を受けることができます。

【サイレントモード(消音モード)による撮影】

●造影剤を使用しなくても動脈撮影が可能に
 MRI検査で血管を描出するには、造影剤を注射しながら撮像する造影撮像法と、造影剤を用いずに描出する非造影撮像法があります。今回、導入しました装置では、非造影撮影が可能となり、非侵襲的な検査ができるようになりました。造影剤を使用しないことで、腎機能が低下している方でも検査することができます。

【造影剤を用いず撮影した画像例】

●造影剤無しで、さらに短時間で脳血流状態の評価が出来る!
ASL撮像時間 2:27