浦添総合病院 トップ > 病院に来られる方へ > 診療科のご案内 > 消化器病センター > 消化器内科

消化器病センター

消化器病センターとは

急性期病院・地域支援型病院としてより安全で質の高い診療を提供するため、消化器内科と消化器外科の垣根をなくし、お互いが協力しながら診療を行っています。消化器科は口から肛門までの消化管と、これに付属するだ液腺や肝臓、胆道、すい臓などに生じる病気を扱う専門科です。消化器科をさらに食道や胃、腸などの管腔臓器と、肝臓や胆道、すい臓などの実質臓器を扱う専門科です。

消化器内科

診療内容・特色

消化管グループと肝・胆膵グループがありそれぞれ研修医・中堅・指導医の屋根瓦式体制をとり、患者さんや地域の先生方の要望に応えられるよう専門性と安全性を高めた医療を心がけています。
当科では、拡大内視鏡診断、カプセル内視鏡、小腸内視鏡検査等を、胆膵領域では超音波内視鏡検査(EUS)や超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)も積極的に行っています。
また、当院は 24 時間救急を行っており消化管出血や急性胆管炎等の緊急症例が多く、内視鏡治療が常時可能な体制をとっています。内科的治療不良・困難例には放射線科や外科のバックアップより緊急IVR や緊急手術体制も整っています。

 

消化器病センター

 


【肝・胆膵部門】
肝臓部門:本県は肝疾患による死亡率が高く、ウイルス性肝疾患よりもアルコールや肥満による進行した肝硬変が多いのが特徴です。進行した肝硬変では腹水、黄疸、食道胃静脈瘤や肝細胞癌等の合併例も多く内視鏡治療やラジオ波凝固療法を含め総合的な治療に取り組んでいます。近年薬物性肝障害(サプリメントによるものも含む)が増加している印象です。
近隣の医療機関より多くのご紹介をいただき、肝疾患の精査加療や方針決定を行い、落ち着いた後はご紹介元の施設での経過観察と当科での定期検査といった病診連携をさせていただいています。
胆膵部門:胆膵疾患は画像診断が治療方針を決めることが多く、様々な検査法を用いて正確な診断を行えるように努めております。特に腫瘍性病変に対する良性・悪性の鑑別は、腹部超音波(US)、造影CT、造影MRI、MRCPだけでなく、超音波内視鏡(EUS)、超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)、内視鏡的逆行性胆管・膵管造影(ERCP)を施行して総合的な診断を行っています。総胆管結石に対する内視鏡的治療 では、十二指腸乳頭切開術(EST)または十二指腸乳頭バルーン拡張術(EPBD)を行い、様々な砕石・採石デバイスを用いて治療を行っています。内視鏡的治療及び外科的治療が困難な胆道結石例には、経皮経胆管アプローチが可能であれば胆道鏡を用いて電気水圧衝撃波治療(EHL)を行う場合もあります。切除不能な悪性胆管狭窄に対しては内視鏡的胆管金属ステント留置(SEMS)も行っています。

【消化管部門】
診断を正確に行うために、上部・下部NBI・拡大内視鏡検査、小腸・大腸カプセル内視鏡検査、バルーン小腸内視鏡検査などの内視鏡検査機器を用いて検査を行っております。診断・治療方針の判断が難しい症例は、消化器内科・外科カンファレンスを行い内視鏡治療か外科治療かの方針決定を行い早期癌であれば内視鏡治療(EMR/ES-D)を行っております。
進行癌に対する緩和的な内視鏡治療も重要であり、内視鏡的消化管メタリックステント留置術や、緊急消化管のドレナージ術も積極的に行っております。
特定疾患である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)は消化器病の顧問で金城福則医師を中心としながら、平成29年は潰瘍性大腸炎は255名、クローン病は149名の患者さんを消化管外科医と連携し対応しています。
 
【消化器癌化学療法部門】
化学療法委員会による統一レジメン登録・同意書の管理のもと外来化学療法室を中心にがん治療認定医、専任看護師、専任薬剤師が協力しながら治療を行っています。
予後の改善のための術前・術後の化学療法も重要であり、内科・外科のチームでの診療を行っています。

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
金城 福則
きんじょう ふくのり
昭和48年 消化管疾患の診断・治療
特に大腸疾患の診断・治療
消化器がん検診
琉球大学医学博士
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本カプセル内視鏡学会 指導医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
日本消化管学会 胃腸科認定医・指導医
日本消化器がん検診学会 専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会 感染症認定医
日本感染症学会 感染症専門医
仲吉 朝邦
なかよし ともくに
昭和62年 ウイルス性肝疾患
慢性肝炎・肝硬変
肝癌の診断・治療
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
内間 庸文
うちま のぶふみ
平成4年 消化器内視鏡検査・治療
消化器一般、がん化学療法
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医
小橋川 嘉泉
こばしかわ かせん
平成9年 消化器内視鏡検査・治療
肝胆膵疾患
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
髙木 亮
たかき りょう
平成15年 消化器内視鏡検査・治療
胆道・膵臓疾患
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
普久原 朝史
ふくはら ともふみ
平成21年 消化器疾患一般 日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
松川 しのぶ
まつかわ しのぶ
平成17年 消化器疾患一般 日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
近藤 章之
こんどう あきゆき
平成19年 消化器疾患一般
山田 圭介
やまだ けいすけ
平成25年 消化器疾患一般  


非常勤医師
○ 末吉 宰 末吉胃腸科内科・外科医院
○ 前田 企能 前田胃腸科医院
○ 伊良波 淳  琉球大学第一内科
○ 仲松 元二郎 琉球大学第一内科
○ 金城 健   福岡大学筑紫病院
○ 豊見山 良作 那覇市立病院


■ 消化器内科関連学会・施設認定(指導医関連施設 沖縄県宮古病院 同仁病院)
○ 日本消化器病学会認定
○ 日本消化器内視鏡学会専門医制度 指導施設
○ 日本肝臓学会関連施設
○ 日本大腸肛門病学会認定施設
○ がん治療認定医機構認定施設

消化器内科診療実績

外来・入院患者数
外来患者総数 入院患者総数 入院延べ患者数 平均在院日数
2016年(H28) 17,188 1,851 14,134 9,0
2017年(H29) 16,660 1,810 13,791 8.7
内視鏡センター 消化器内科部門
内視鏡検査 総数 上部 下部 ERCP 消化管止血術 EUS EMR PEG ESD
2016年(H28) 6,557 3,252 2,869 372 112 525 737 59 39
2017年(H29) 6,487 3,155 2,745 361 96 540 710 38 3
ERCP:内視鏡的逆行胆管膵管造影検査
新規入院がん患者(消化器内科)
食道癌 胃癌 胆・膵臓癌 肝臓癌 大腸癌 消化器がん総数
2016年(H28) 7 18 31 14 33 103
2017年(H29) 3 5 41 15 45 109
(更新:2019年2月6日)