浦添総合病院 トップ > 病院に来られる方へ > 診療科のご案内 >脳血管・脊髄センター > 神経内科

脳血管・脊髄センター

脳血管・脊髄センターとは

脳卒中の患者さんの急性期治療および脳卒中の予防的治療を行っています。また脳卒中ばかりではなく、脳腫瘍・脳神経、脊髄・脊椎疾患、頭部外傷など 幅広く脳神経・脊髄・脊椎疾患の治療を行っています。

神経内科

診療内容

神経内科が扱っているのは脳、脊髄、末梢神経、筋肉とその近傍の組織の障害によって生じる種々の症状で、具体的には以下の様な症状・疾患です。
症状 運動麻痺、不随意運動、認知機能障害・失語、意識障害、けいれん発作、
しびれ(感覚障害)、めまい・ふらつき、頭痛
疾患名 脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、パーキンソン病、パーキンソン症候群、正常圧水頭症、
脊髄小脳変性症・多系統萎縮症、偏頭痛、本態性振戦、多発性硬化症、視神経脊髄炎、
重症筋無力症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、脳炎、脊髄炎、
てんかん、脊髄症、腕神経叢炎、末梢神経障害、筋萎縮性側索硬化症、筋疾患、
筋ジストロフィー

診療特色

脳血管障害、てんかん、パーキンソン病、認知症、多発性硬化症、重症筋無力症をはじめ、神経内科疾患全般の方を診ております。初診患者様におきましては、問診と診察にお時間を頂くので完全予約制となります。
脳血管・脊髄センターにて脳外科専門医師・脊髄外科専門医師との良好な協力関係のもと、県内に類のない幅広い神経内科診療を行っています。良好な救急隊との連携と実績をもつ救命救急センターと、複数の脳血管内治療専門医を有する当院での超急性期脳卒中医療は県内随一と言えます。内科と外科からの双方向のアプローチが重要となる頸動脈狭窄病変への診療も専門としています。
遺伝子検査、その他の特殊な検体検査は全国の大学、研究所と共同し神経疾患の診断に務めています。治療は正確な診断に基づき保険診療で認められた標準的な方法を踏まえ、適宜新しい治療法も取り入れています。
脳卒中の分野を中心に全国多施設共同研究にも参加しています。

検査・治療一般

MRI検査 頭部MRI(灌流画像も含む)、頚椎・胸椎・腰椎MRI、筋MRI、関節MRI、脳SPECT検査、
脳血管造影検査
脳神経超音波検査 頸部血管エコー、経頭蓋エコー(TCCD/TCCFI)、下肢静脈エコー、経食道心エコー、
眼動脈エコー、神経エコー
電気生理検査 脳波、神経伝導検査、誘発電位、針筋電図
病理検査 筋生検、神経生検
*当院では行っていない検査
長時間ビデオ脳波モニタリング、頭蓋内脳波検査(硬膜下電極、脳内電極)

担当医師と専門分野等

氏名 医師年数 専門分野 学会専門医・他
宮城 哲哉
みやぎ てつや
平成18年 神経内科、脳血管障害 日本内科学会 認定医・専門医・指導医
日本脳卒中学会 専門医
日本神経超音波学会 認定検査士
日本神経学会 専門医
日本病態栄養学会 NSTコーディネーター
ACLSプロバイダー
日本脳神経血管内治療学会
日本てんかん学会
日本頭痛学会
日本臨床神経生理学会
American Stoke Association member
沖縄臨床脳波研究会 世話人
立田 直久
たつた なおひさ
平成26年 神経内科
稲福 徹也
いなふく てつや
※非常勤
神経内科、一般内科 日本内科学会 専門医
日本神経学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本頭痛学会専門医(評議員)

発表論文、等

現在投稿中の論文や国際学会発表は除く。共著者としての和文原著も除く。
・Miyagi T, Uehara T, Kimura K, Okada Y, Hasegawa Y, Tanahashi N, Suzuki A, Takagi S, Nakagawara J, Arii K, Nagahiro S, Ogasawara K, Nagao T, Uchiyama S, Matsumoto M, Iihara K, Toyoda K, Minematsu K. Examination Timing and Lesion Patterns in Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging of Patients with Classically Defined Transient Ischemic Attack. J Stroke Cerebrovascular Dis. 22, e310-318, 2013.
・Miyagi T, Koga M, Shiokawa Y, Nakagawara J, Hasegawa Y, Furui E, Kimura K, Kario K, Okuda S,Yamagami H, Okada Y, Nezu T, Maeda K, Endo K, Minematsu K, Toyoda K. Intravenous Alteplase at 0.6 mg/kg for Acute Stroke Patients with Basilar Artery Occlusion: The Stroke Acute Management with Urgent Risk Factor Assessment and Improvement (SAMURAI) Recombinant Tissue Plasminogen Activator Registry. J Stroke Cerebrovascular Dis. 22, 1098-1106, 2013.
・Miyagi T, Koga M, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Arihiro S, Sato S, Minematsu K, Toyoda K. Reduced estimated glomerular filtration rate affects outcomes 3 months after intracerebral hemorrhage: the SAMURAI-ICH study. J Stroke Cerebrovascular Dis J Stroke Cerebrovasc Dis. 24, 176-182, 2015.
・Endo K, Kario K, Koga M, Nakagawara J, Shiokawa Y, Yamagami H, Furui E, Kimura K, Hasegawa Y, Okada Y, Okuda S, Namekawa M, Miyagi T, Osaki M, Minematsu K, Toyoda K. Impact of early blood pressure variability on stroke outcomes after thrombolysis: the SAMURAI rt-PA Registry. Stroke. 44, 816-818, 2013.
・Koga M, Toyoda K, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Osaki M, Miyagi T, Endo K, Nagatsuka K, Minematsu K; Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement Study Investigators. Systolic blood pressure lowering to 160 mmHg or less using nicardipine in acute intracerebral hemorrhage: a prospective, multicenter, observational study (the Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement-Intracerebral Hemorrhage study). J Hypertens, 30, 2357-2364, 2012.
・Koga M, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Kimura K, Yamagami H, Okada Y, Hasegawa Y, Kario K, Okuda S, Endo K, Miyagi T, Osaki M, Minematsu K, Toyoda K. Low-dose intravenous recombinant tissue-type plasminogen activator therapy for patients with stroke outside European indications: Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement (SAMURAI) rtPA Registry. Stroke. 43, 253-255, 2012.
・Sakamoto Y, Suzuki R, Ohara T, Miyagi T, Osaki M, Nishimura K, Toyoda K. Complex visual hallucination as the sole manifestation of symptomatic temporo-occipital lobe epilepsy due to old intracerebral hemorrhage. Seizure 23 , 244-246, 2013.
・Koga M, Toyoda K, Yamagami H, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Nakagawara J, Furui E, Hasegawa Y, Kario K, Osaki M, Miyagi T, Endo K, Nagatsuka K, Minematsu K; Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement Study Investigators. Systolic blood pressure lowering to 160 mmHg or less using nicardipine in acute intracerebral hemorrhage: a prospective, multicenter, observational study (the Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement-Intracerebral Hemorrhage study). J Hypertens, 30, 2357-2364, 2012.
・Tomotaka T, Yamagami H, Ihara M, Motoyama R, Fukuma K, Miyagi T, Nishimura K, Toyoda K, Nagatsuka K. Seizure Outcomes and Predictors of Recurrent Post-Stroke Seizure: A Retrospective Observational Cohort Study. PLoS One 10, e0136200, 2015.
・Suzuki R, Uehara T, Ohara T, Hama Y, Shimomura R, Matsushima H, Tanaka K, Miyagi T, Toyoda K, Minematsu K. Transient ischemic attack clinic in an urban area of Japan. Int J Stroke 10, E43, 2015.
・Tetsuya Miyagi; Yoshiyuki Kondo; Terunori Sano; Tomoko Okamura; Takehiko Nishiyama; Masako Watanabe; Miho Murata: Yukitoshi Takahashi. A case of adult-onset Rasmussen syndrome with intractable aphasic seizures. Journal of the japan Epilepsy Society. Vol. 32 No. 3 2014.
・Tetsuya Miyagi; Megumi Okuma; Shugo Suwazono; Miwako Kido; Yuichi Tashiro; Satoshi Ishihara; Ryo Nakachi; Masahito Suehara. Clinical manifestations of 5 patients with idiopathic paroxysmal kinesigenic choreoathetosis. Rinsho Shinkeigaku. 2016;56:165-173.
・宮城 哲哉,豊田 一則.『脳卒中治療ガイドライン 2009』以後に発表された新たなエビデンス:脳梗塞編.分子脳血管病,11,56-61,2012.
・宮城 哲哉,豊田 一則.脳塞栓症ハイリスク患者の観血的検査や手技における抗凝固薬の扱いはどのように変わりますか? 老年医学,49,1319-1322,2011.
・宮城 哲哉,豊田 一則.抗血小板薬の併用療法の適応,効果,安全性についてご説明ください.血栓と循環,19,2011-5,2011.
・宮城 哲哉,豊田 一則.発症初期の頭部MRAにて脳血管攣縮が目立たなかった産褥期RCVSの2症例.脳と循環 2014年6月
・宮城 哲哉,豊田 一則.高血圧性脳出血の急性期非手術的治療法.アクチュアル脳・神経疾患の臨床.脳血管障害治療最前線 2014年6月