浦添総合病院 トップ > 病院に来られる方へ > 診療科のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療内容

当病院はリハビリテーション科の病床を有しておりませんが、ICUのベッド上から始める急性期リハを行っています。安静に伴って生じる廃用や合併症の予防は言うまでもなく、疾病の治療をサポートする、安全で良質な医学的リハビリテーションサービスを提供することを目標としています。

診療特色

心臓病、呼吸器疾患に対するリハビリテーションの目的は自覚症状の緩和、呼吸循環機能の回復、運動耐容能の向上、日常生活活動の拡大、再発予防、再入院抑制、QOLの改善にあります。当科では虚血性心疾患、大血管疾患、末梢動脈疾患、慢性心不全の方を対象として、入院中から在宅へと継続可能なシームレスリハを提供します。特に、回復期の方を対象とした通院型心臓・呼吸リハプログラムは他職種による疾患教育、生活指導を含めた包括的な内容です。
また、健康保険対象外の方には健診センターとの協力の下、会費制心臓リハプログラムも設けており、常に医学的な効果を確認しながら進めることを心がけています。
疾患別リハビリテーション科:心大血管(I)、脳血管疾患(I)、運動器(I)、呼吸器(I)

医療機器・設備

運動負荷試験装置、呼吸代謝モニター
300㎡のリハ室と70㎡の心臓リハ室を有し、疾患別リハ料で心大血管疾患Ⅰ、脳血管疾患等Ⅰ、運動器疾患Ⅰ、呼吸器疾患Ⅰの施設認可を受けています。

心臓リハビリテーション

虚血性心疾患や開心術後の体力の回復と、病気の再発を防ぐため生活習慣病の改善が必要です。それには食事・服薬・運動・ストレスの解消が基本です。心臓リハビリテーションは外来通院によって原因となった体質を変えていくための包括的プログラムです。個別運動処方を基に、専門の医療スタッフがチームで支援します。

リハビリテーション

月・火・木・金
午前 10:30 ~ 12:00
午後 14:00 ~ 17:00

呼吸リハビリテーション

慢性呼吸不全、低肺機能、開胸術後の方のための通院プログラムを行っています。

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
亀山 成子
かめやま せいこ
平成4年 リハビリテーション医学一般
内部障害リハビリテーション
日本リハビリテーション医学会 専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医
日本心臓リハビリテーション学会 認定指導士